はじめての顧問契約

若葉マーク.bmp

若葉マーク社労士のための
【はじめて講座シリーズ】第1弾

はじめての顧問契約


 

本セミナーは終了しましが、セミナーの模様を収録した

CDを販売しております。

 

【はじめての顧問契約CD講座】はこちら 

 


社労士で開業するからには、顧問契約をドンドン獲得して
安定した事務所経営をしたいものです。


月額3万円の顧問先を15〜20社ほど獲得すれば、
サラリーマンと同じぐらいの収入が確保できるでしょう。


さて、ここで2つの疑問が出てきます。


■どうやって15〜20社の顧客を獲得すればよいのか?

■月額3万円の顧問契約は、どんなサービスを提供するのか?

 

前者は『顧客開拓』に関する問題そのものですが、
後者は『サービス内容』に関する問題になります。

 

社労士は顧客開拓が下手などと言われますが、顧客開拓と
サービス内容という2つの異なる問題を一緒にして考えては
いけません。


今回の講座では、『サービス内容』に焦点を当てながら
社労士の顧問契約について一緒に考えて行きましょう。


また、これは私の講座の特徴でもありますが、たんに情報を
提供するだけでなく、現場ですぐに活用できる以下のような
実践的なツール類(ワードまたはエクセルファイル)も
プレゼントします。


■新規受託時チェック表
■顧問契約書
■請求書
■顧問契約ガイドブック(事業主向け)
■連絡票(入社、退社)
■退職者向け案内
■身上異動届兼通勤経路届
■社会保険資格取得証明書
■国保・国民年金への切替え説明書
■保険料通知書
■出産・育児に関する案内
■災害報告書
■60歳案内
■老齢年金請求必要書類の案内
■年金相談依頼状
■社会保険資格喪失証明書
■給与連絡票
■銀行講座届
■年末調整の案内


これらのツール類を手に入れるだけでも、受講料以上の価値
があるはずです。

 

日時 : 2011年6月4日(土) 13:00〜17:00

場所 : 板橋区立企業活性化センター 第3研修室 
      http://www.itabashi-kigyou.jp/access.html


定員 : 10名(先着順にて締切) 


料金 : 10,500円 


内容 : 顧問契約とは?

     顧問契約のメリットとデメリット

     顧問契約の提案方法

     契約時に注意すべきこと

     顧問料の決め方

     顧問契約書の作成ポイント

     定期訪問では具体的に何をやるのか? など


講師 : 萩原京二