社労士開業シミュレーション講座

『開業講座』に申し込む前に

ぜひ読んで下さい! 

 

 

開業する前に、明確なイメージを持とう!

【社労士開業シミュレーション講座】

 

この講座は、社労士に試験に合格したけれど、これから開業するかどうか悩んでいるという

人のために開催するものです。 

 

まだ、開業するかどうかはわからないけど、社労士で開業するというのはどういうことなのか

をバーチャルに体験をして、自分なりにしっかりとしたイメージを持って いただくことを最大

の目的にしています。

 

ですから、巷で開催されているような、いわゆる『開業講座』とは違います

 

すでに開業を決意されている方には、残念ながら役に立たない講座かもしれません。 

そのような方は、『開業講座』に参加されて、実践的な実務ノウハウを学ばれることを

お勧めします。

 

でも、まだ開業するかどうかを決めかねている人にとっては、大変役に立つ情報や貴重な

機会をご提供できると確信しています。

 

 

 

実務ノウハウを学ぶ前にするべきこと 

 

いわゆる開業セミナーでは、開業を決めている人を対象にプログラムが作成されています。

 

だから、セミナーで学ぶ内容は、実務ノウハウ(書類の書き方、営業方法、 指導ノウハウなど)が中心になります。当たり前のことですよね。

 

でも、開業するかどうか決めていない人にとって、実務のノウハウを学ぶことが はたして

本当に意味のあることでしょうか?

 

私はそうは思いません。 

 

それよりも、

 

 『社労士というのは、実際はどんな仕事をするのか?』

 『自分が社労士として開業して本当にやっていけるのだろうか?』

 『どのように人脈づくりをすれば良いのか?』 

 『経営者と会って話をするというのは、どんな感じなのだろうか?』  

 『社労士の収入で本当に生活ができるのだろうか?』 

 

といったことを体験することの方が、はるかに重要なことだと思います。

 

 

【6つの実践テーマ】

 

そこで、本セミナーでは以下のような『実践テーマ』を設定し、6カ月間にわたって 参加者の

皆さんに実践をしていただくことにしました

 

そして、参加者の皆さんが毎月1回集まり、その体験レポートを報告し合い、お互いの気づき

をシェアすることによって、開業への理解を深める仕組みになっています。

 

 

(1)モデルとなる先輩社労士を見つける

 多くの社労士の人と出会い、『この人』と思える人を探してインタビューをしてきていただき

 ます。(必要に応じてご紹介をします)

   

 

(2)実務経験をする

 インターンシップ制度で、実際に社労士事務所でお手伝いをしていただきます。

 書類の書き方や役所への提出業務も経験してみて下さい。

 (社労士事務所のご紹介は、こちらで行います)   

 

 

(3)異業種交流会へ参加する
 
異業種交流会に積極的に参加をして、名刺を獲得してきていただきます。

 これは、実際に開業した時に人脈づくりができるかどうかのシミュレーションになります。 

 (異業種交流会はご自身で探して下さい)

 

 

(4)他士業との人脈を作る

 異業種交流会に慣れてきたら、こんどは他士業との人脈づくりを行ってみましょう。

 税理士や行政書士など、社労士業務と密接な関わりのある士業が集まる場所に参加

 したり、友人・知人などの人脈を頼って誰かを紹介してもらなどして、30分程度の

 ミーティングをしてみていただきます。 (必要に応じてご紹介をします)

 

 

(5)経営者と面談する
 いよいよ経営者と話しをしてみましょう。開業しても、経営者(社長)と話ができないと、

 顧客を獲得することはできません。経営者からみて社労士というのはどのような存在

 なのかを教えていただくだけでも良いでしょう。 (必要に応じてご紹介をします)

 

 

(6)売上計画、収益のシミュレーションをする

 ここまで実践すると、社労士の仕事や顧客開拓については、かなりの理解が深まっている

 はずです。最後に、売上や経費、収益のシミュレーションを行い、開業してもやっていける

 かどうかの判断をしてみましょう。 

 


 

 

 

(2日間の講座内容)

・名刺の作成
・事務所案内の作成
・ホームページの作成
・営業ツールの作成

・ゲストスピーカーの講演
・異業種交流会の選び方と人脈の作り方
・商談の進め方
・開業資金シミュレーション